TOKYO | WASHOKU @ LIVING renewal in progress !!!

Xmas Stollen | クリスマス・シュトーレン

Baking “Christmas Stollen” has become my personal calendar event before Xmas after settling down to my homeland, Japan. However when I lived in Ireland during my young days, ‘Christmas Cake’, a fruit cake heavily packed with fruit and nuts, covered entirely in marzipan to mature until Xmas was the iconic cake for Christmas. Watching the oven for hours and hours in low heat together with steaming ‘Christmas Pudding’ was how I spent my days when Xmas decorations covered the city center of Cork City along River Lee.

私の恒例の行事となっている「クリスマス・シュトーレン焼き」。日本に帰国してからシュトーレン焼きが主となっている。誰が広めたのかわからないけれど日本ではなぜかシュトーレンがクリスマスの代表的なお菓子になってしまっている。

私が育ったアイルランドやイギリスでは「クリスマスケーキ」や「クリスマスプディング」が主でした。シュトーレンもケーキもプディングもどれも同じような材料でできているのがおもしろい。シュトーレンは1日薄い一切れを楽しみながらクリスマスを迎えるお菓子。クリスマスケーキはクリスマスまで厚いマルジパンとアイシングで包んみ熟成させてクリスマスに食べる風習。いずれ、どのお菓子も幸せを感じさせるお菓子に私は思えてしょうがない。

Making “Christmas Stollen” is like wrapping packed fruit mixtures in a cocoon-like shape, baked for 60 minutes and eaten before Xmas, a thin slice at a time.

The cocoon-like dough expand slowly during the baking process and soaked in butter immediately after it comes out from the oven.

Powdered in snow (icing sugar) and wrapped to go!

More Recipes
to Noto..Camping Car Travelogue | 能登半島への旅 ①
%d bloggers like this: