Nara Chameshi

Nara Chameshi | 奈良茶飯

Nara Chameshi
Nara Chameshi

The orgin of Nara Chameshi comes from the Todaiji (temple) and Koufukuji, where after having taken their first brewed tea, the second tea was used to cook the rice with a small amount of salt; in which the steam rice was soaked in the first brewed tea as a sort of ‘soup risotto’ (Ochazuke).

Chameshi, ‘cha’ means tea and ‘meshi’ means rice.

「奈良茶飯(ならちゃめし)の起源は、東大寺と興福寺の寺領から納められる上茶を煎じて初煎(初めに入れた茶)と再煎(二番茶)に分け、再煎のお茶に塩少量を加えて飯(めし)に炊き、蒸らした後に初煎の濃い方に浸けて食べるのが本来の茶飯であったといわれている。何となく茶飯のお茶漬けを想像する。 この中に、焙(い)った大豆または黒豆、カチグリなどを加えて豆茶飯、栗茶飯などといったようである。前述したように、東大寺二月堂修二会(お水取り)の練行衆の食事に茶粥と共に茶飯が出ているので、僧坊では古くから食べられていたことがわかる。一般には、江戸時代の中期に浅草や各地で茶飯屋ができて、「奈良茶」の目印を出して客を呼んだことが記録に残っている。

(田中敏子著『奈良の味』改訂版より引用)

これが記載されているオリジナルレシピ。

うるち米・・・3カップ

大豆・・・1/2カップ

ほうじ茶・・・4.5カップ

水・・・2/3カップ

塩 ・・・小匙1

醤油・・・小匙2

1.白米3カップを洗い、ザルに入れて水を切っておく。

2.水4.5カップを煮立て、ほうじ茶を入れて炊き出し、こして米の2割り増しをとり(1)と一緒に炊飯器に入れて約30分程置き、塩としょう油で味付けして炊飯する。

3.その間に大豆を焙じ、熱いうちに水の中で掌でこすって皮を除き、(2)に入れて一緒に炊き上げる。

Nara Chameshi Original Recipe: (Japanese cup = 180cc) Rice Cooker Version

3 cups of rice

1/2 cup of dried soy beans

4.5 cup of Japanese tea (Obancha /Brown Tea or Osencha/Green Tea)

2/3 cup of Water

1 Teaspoon  Salt

2 Teaspoons Soy Sauce

1. Wash the rice and drain the rice to dry for about 30 minutes.

2. Boil 4.5 cups of water and make a strong dark Japanese Brown Tea (JBT).

3. In a frying pan, roast the soy beans in low heat for approximately 15 minutes until the outer husk becomes crispy and gradually turning brown.

4. Using a rice cooker, cook the rice with 120% of JBT (20% more liquid than the rice, adding water if required) with salt and soy sauce.

Be Social

About Chef

Related Recipes