TOKYO | WASHOKU @ LIVING renewal in progress !!!

Petite 'kari kari' Ume | カリカリ梅

When the ‘rainy season’ comes, it’s ‘PLUM (UME) season’ in Japan.
I am sure a lot of readers are familiar with  the authentic Japanese pickle called ‘umeboshi’, a very sour pickled plum often served along with white rice or onigiri. In our Japanese culture, the UME fruit is significant fruit.
Making ‘UME pickles’ or ‘UMEBOSHI’ (has been) a mothers thing, succeeded to daughters but ironically, no longer with the convenient culture which most anything can be purchase ready made, including I myself.
But this year I’ve decided to pickle the petite ume which we call ‘kari kari ume’.
 
梅が到来すると「梅の季節」ですね。
梅は毎年実家で「梅干し」「梅酒」「梅酢」を作ってくれるので、自分でなかなか手にしませんでしたが今年は主人のリクエストにお応たえして「カリカリ梅」に挑戦。
ふむ、ふむ。
梅のレシピ、作り方、、
地方によっても作り手の年によっても千差万別。
梅専門のレシピを参考に作ってみました。
 
DSC_0002
 


 
DSC_0002.jpg
Pickled to go into the refrigerator for further storage

 

Recipe : Plum Jam using a rice cooker ‘warm mode’

IMG_5279
Plum Jam , using a rice cooker ‘warm’ mode

 
【作り方】
青梅  | 青くて堅い梅 1kg
あら塩 100g〜120g (10~12%)
卵のから 2個分
焼酎 35℃ 50〜80ml
卵の殻を用意します。卵の殻を使うことによって、梅が柔らかくなるのを防ぎ、カリカリになります。1〜2日干して、カラカラになったものを砕いて、ガーゼに包んで使います。
なり口をとった梅を、1〜2時間水につけてアク抜き。アク抜き後、ザルなどで乾かします。
漬け樽の底に軽く塩をふって、梅を一並べ、ここで用意しておいた、ガーゼにくるんだ卵の殻を入れます。
その後は、「並べては塩をふって」を繰り返してください。
(上に行くにしたがって、塩の分量を増やしてください)並べ終わったら焼酎をまわしかけ、残ったお塩をふりかけます。
最後に、落としぶたをして、重石をします。
梅酢が上がってくるまで、早くても3日程かかります。
毎日1〜2回、重石と落としぶたを取って、平均的にお塩がまわるように、容器をあおるようにゆすってください。
梅酢が落としぶたの上まで上がってきたら、重石を半分にして、冷蔵庫に入るぐらいの小さい容器に移し替えます。
このサイトを参考にしました。
http://pickled-ume.com/ume_recipe/karikariume_recipe-19981111-130.html
 
保存

More Recipes
cooking…Bamboo Shoots |筍づくし
%d bloggers like this: